転職理由を分析し明確化する事で自分にとって良い転職が可能となるものです

転職をする理由は明確ですか?

 近年、大卒の新入社員が3年以内に30%が転職をする時代と言われています。転職をする理由には様々な事が考えられます。しかし、今の職場の仕事が何となく面白くない、賃金がイマイチ納得できない、人間関係が余り良くない言った漠然とした理由で転職を考える人が意外と多いのです。

 

転職理由を分析し明確化する事で自分にプラスとなる転職が可能となるのです

 先に述べた様な漠然とした理由だけで、何となく転職するのでは、これまでの職場での不満が解消されない事があるばかりでなく、転職先でこんな職場なら前の職場の方がましだったと言った結果を招く恐れもあるのです。転職前に、今の会社の良い点、悪い点を明確化し、その中で、この悪い点を解消するために転職するのだと言う理由を明らかにする必要があるのです。

 

すべてに満足できる会社や職場は中々ありません!

 自分が理想とする働き方や仕事ができる会社や職場に出会えることは中々ありません。転職前の会社の良い点と悪い点を考える中で、転職を決断する悪い点が改善されるけれど、良い点が少し悪化しても許容できるか等も考えあわせて置く事が必要です。こうした視点をしっかり持って転職先を探してこそ、自分にプラスとなる転職を達成する事ができるのです。ただ、何となく面白くないと言った理由で転職すれば、自分の満足できる転職先に出会えずに、何度も転職を繰り返し、キャリアを積む事の出来ない社会生活を送る結果になりかねません。