転職面接先を決めるためのチェックポイント

 最近では転職活動にインターネットで検索をかけるのが常識となっていますが、検索をかけた結果、自分がよく知らない会社はついつい避けてしまいがちになります。よく知らない会社だけれど、条件としては最高な会社への転職活動をしていくには、どうしたらよいのでしょうか?

 

欠員補充なのか、増員メインなのかをチェック

 欠員補充による募集の場合には、その部署の業務内容にもよりますが、場合によっては未経験では難しい業務内容だったり、以前勤務していた社員と同じくらいの能力か、それ以上の実力を期待されますので、ある程度仕事が判る方の方が採用されやすいです。増員の場合、業務拡大の為増員されることが多く、未経験な場合でも試用期間がありますので、経験が無くても採用されやすい傾向にあります。

 

会社の将来性

 いくら転職に成功したとしても、突然倒産してしまってはどうしようもありません。色々調べた結果、将来性があるかどうかの見極めがつきにくい場合には、面接で業界の現状やどんな売り込み方をしているか等を聞いてみるのも判断ポイントになります。

 

社風や働き方も調べてみよう

 社風を知っておくというのは、これから長い年月勤務すると考えた場合、重要なポイントになります。小さな会社になると、社長の個性や現在までの道のりが会社に反映されている場合が多いですので、できるなら調べておくようにしたり、自分の入りたい部署の残業が多いのかどうか、有給はとりやすいのかなど、細かいところまで知っておいた方が、入社した後に不満を感じることも少なくなります。