職務経歴書はその構成が命です

 職務経歴書を作成する前に、まずはそのための資料を作成することをおすすめします。

 

 企業の採用担当者は多数の応募書類を処理しなければなりません。よって、まずは最低限のチェックだけを行う一次審査で数を絞り、次に残った書類をじっくり目を通すという方法をとります。

 

 よって、職務経歴書の構成がいまいちだと、本当に自分が伝えたいことを読んでもらえずにふるい落とされてしまうことがあります。そんなことのないように、自分が言いたいことなどをきちんと書き出して整理し、しっかり読んでもらえるような構成を考えてから書くのです。

 

 まずは自分の経験を総ざらいして、どんな細かいことでもいいので書き出していきましょう。全て書き出してそれを眺めていると、自然と自分の強みや性格なども分かってきます。自分がアピールしたい部分を把握できれば、次は職務経歴書の内容の構成に移ります。

 

 職務経歴書の内容について一番大事なことは、伝えたいポイントがきれいにまとまっていることです。上で述べたように、採用担当者が一枚の書類に目を通す時間は短いです。その短時間のうちに言いたいことを伝えるには、ポイントをきれいにまとめて、それを職務経歴書の最初の方に盛り込むということです。中には職歴順に説明を加えていく書き方をする人もおられますが、よほど目を引く内容でもない限り、職務経歴書の後半はほぼ読んでもらえません。内容の構成をよく考えて、大事なポイントをスルーされてしまわないようにしましょう。

 

【おすすめサイト】
50歳だからできる転職方法
50歳の転職を成功させるために。