転職活動における原点のアドバイス

 転職活動は面接の場でなくても、人と会って話す事を避ける事はできないです。従って、相手にとって印象の良い受け答えが必要であるので、コミュニケーションの力は転職活動において必要不可欠です。

 

 しかし、話が上手いかどうかの能力は個人差があって、話の上手さを基準として採否を決める企業は少ないです。人と話す時は、ただ単に自分の考えを羅列して話している人と心を込めて語る人とでは、話しの受け手側によって応募者の印象が変化します。従って、面接の会話においても心で語るという信念を持って心で語る事がやる気があるという印象を採用担当者が持ってくれる場合が多いので、採用の候補となりやすいのです。

 

 恋愛の活動でも同じ事であるが、例え有能な人であっても気持ちがこもっていないと恋人にはなりたくないです。転職活動の面接でも同じ事であって、例えば応募者が2人いたとして、どちらかを採用しなければならない場合にどちらも同じ能力を有しているならば、誰でも想いがこもっている人を採用するはずです。

 

 つまり、大切な事はあらゆる事に欲張らずにシンプルに物事を考えて、物事を一言で言った時にどうしたら相手に良い感じを与える言動になるかを考えて発言をする事です。面接の場で、良い感じになる言動を出す事によって、自然に自分の言葉となって、採用担当者に良い印象を与えるのです。

 

【Pick Up】
中高年が転職する場合の基本
中高年におすすめの求人を教えます!

 

 面接のマニュアル本などは人が書いたものであって、本に書いてある内容を羅列しても自分のやる気と想いを伝えられないので、オリジナルの言葉で発言すれば自然に良い印象を与えるのです。